So-net無料ブログ作成
果樹・庭 ブログトップ
前の10件 | -

鉢植え果樹2013 その2 [果樹・庭]

前回、ご紹介した時には
果実部の発生が確認でき、大変期待していた、
鉢植えの白いちじくでしたが、 
P1050122.jpg 
( ↑ これは前回)
 
P1050445.jpg
葉は大きく展開したものの、果実となる部分はすべて落果してしまいました、あーあ。
 
それどころか、
P1050449.jpg
いつかはヤラれると思っていた、カミキリムシの幼虫による食害に遭い
絶体絶命のピンチが訪れています。
 
気がついた時にはかなり被害が広がっており、かといって、
殺虫剤は使わないので持っておらず、
ヘアピンでホジホジとやると3匹も捕獲。
株元に大きな穴があいたいちじくとなってしまいました。。。
 
 
この春に元気いっぱいだったのは、
P1050456.jpg
ブルーベリーとブドウ。
3本あるブルーベリーはすべてハイブッシュ系ですが、
品種がわからなくなってしまいました。
ブドウはデラウェア。ムスメの小学校入学記念に購入し植えたものです。
  
P1050457.jpg
豊産性らしいブルーベリーA
  
P1050458.jpg
比較的大粒のブルーベリーB 
 
この2品種は毎年放置していてもそこそこに収穫できていたのですが、
ブルーベリーCは昨年全く収穫できず、葉も赤くなって
早々に落葉してしまい心配していました。
 
今年のブルーベリーCは、
P1050451.jpg
春に鉢増しした効果が出たのか、実もいくつか付き、
調子を取り戻したようです。
元気が無かったのは根詰まりが原因だったようです。
 
 
 
ブドウも 
P1050452.jpg 
すこぶる元気なのですが、
 
P1050453.jpg
雪解け直後にやろうと思っていた剪定をサボった為に
枝という枝が伸び放題。
さらにその枝に花房を沢山付けさせてしまいました。
 
余談ですが、
毎年このブドウ、デラウエアはジベレリン処理を行って種なし処理を行ってきましたが、
種のある(ジベ処理していない)デラウエアの方が、
食べにくいけどおいしいので、今年はジベ処理しないことにしました。
 
タイミング的にはあんまり良くないですが、 
間引きをかねて、急いで枝を剪定することにします。 
 

 
ichigo01.gif banana01.gif
クリックありがとうございます♪

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

住宅地でのひよこの飼育とプランターでのひよこまめ栽培 [果樹・庭]

小さな家で暮らすPanda家ですが、
この春、
P1050232.jpg
新メンバーをお迎えしました。
 
 
そう、にわとり。
 
畑をやっていくサイクルの中に自然と鶏かミツバチを入れてみたいと
思うようになってきていたのですが、
先述の通り、わが家は小さな普通の住宅で、地方とはいえ住宅地の中にあります。
そんな事もあってなかなか踏み出す事ができずにいました。 
 
そんな冬の終わりに、
ぼんやり眺めていた通販サイトでいい感じの鶏小屋キットがセールになっており、
時は円高から円安へ急激にシフトしている最中、
いつものことですが、
「これは何かの合図だ!」と深く考えずにポチっと注文してしまっていました。
結果的に商品価格より送料のほうが掛かったよ、というつまんないオチで
わが家に鶏小屋キットが届きます(汗)
P1050218.jpg
(つうか、アンタも建築士のはしくれなら、自分で作れよ  と言われそうですが・・・)
 
リサイクルプラスチック製でちょっと大きめな犬小屋くらいでしょうか。
 
暖かくなるまで梱包されたまま放置していたのですが、
5月に入りようやく暖かくなってきたので、
P1050222.jpg
組み立ててみました。 
キットなので、説明書は英語でしたが、わからなくても絵で確認して
簡単に組み立てることができました。 
 
で、市内のホームセンターでひよこ(女子)を3羽スカウト。
P1050242.jpg
ひよこ
  
P1050246.jpg
ひよみ
 
P1050248.jpg
ひよのまる 
 
と、びっくりするくらいセンスのない名前をムスメが命名(爆)
 
 
わが家に来て1ヶ月、
P1050436.jpg
可愛らしいひよこの面影は薄れつつありますが、
3羽とも元気いっぱいすくすくと育っております。
 
スカウトする際に「ボリスブラウン」という卵を沢山産んでくれる品種を
狙っていたのですが、既に予約分で売り切れということで、
この子たちは「名古屋コーチン」らしき品種とのこと。本当の名古屋コーチンは
指定された育すう場からしか入手できないと思うのですが、
細かい事はまぁいいでしょう。
 
このわが家の「コーチンず」、
P1050438.jpg
鶏の習性で夜は窓のない奥の小屋で休むのですが、
 
P1050440.jpg
上り段(?)の勾配がきつすぎるらしく、
3羽が順番にドリフの坂道コント(全員集合の後半にやるやつ)
のようにツルツルすべって駆け上がることができず。←わかる?
 
そのままでもおもしろいのですが気の毒なので、ブロックをかませて
勾配をゆるやかにしてあります。 
 
畑や庭の雑草、虫類、野菜の残渣やほとんど出ないけど残飯などを
喜んで食べてくれ、鶏ふんは畑に利用、
秋の終わりくらいからは卵を頂けるかな? という感じで
面倒なことは考えず、行き当たりばったりで
ゆるくこの家庭養鶏を続けていこうと思います。 
 
  
ひよこ といえば、この苗もタキイのサイトで
セールになっていたんですよ(←またこのパターン)
で、ついポチっと。。。 
P1050383.jpg
ひよこまめ。
 
ひよこまめ(ガルバンソー)って、調べてみると
日本の気候ではかなり栽培が難しいらしく、詳しい育て方もよくわかりません。
がんばるそー! と気合い(というかダジャレ)だけではうまく育たないようです。
 
P1050419.jpg
すでに枯れてるっぽい株も出始めたので、
あわてて支柱をしてみます。
 
P1050421.jpg 
乾燥を好むのに枯れてきているというのは
何がわるいのかさっぱりわかりません。
 
もしかしたら、こちらのひよこは
収穫までたどり着けないかもしれません。  
 
 
 
ichigo01.gif banana01.gif
クリックありがとうございます♪

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

越後姫いちご栽培 まとめ [果樹・庭]

毎年栽培しているいちご、越後姫ですが、
昨年、苗販売が解禁になったこともあり、6株購入して株を更新しています。
 
2株は 
P1040846.jpg
冬の間、水耕(養液土耕)栽培でちょびちょびと楽しんだものの、
春に入った辺りからハダニでみるみる元気がなくなり、現在は屋外で
普通にプランター栽培で養生しています。
 
 
水耕が元気がなくなってきた頃、 
P1050123.jpg
元気が出てきたのは、
冬の間1m近く雪の下になっていたプランター植えの分。
葉も大きく色もキレイで調子よさそうでした。 が、
プランターの置き場所が
家の南側で、日差しを遮るものはなく、
更に住宅外壁に沿って置いていたので、
外壁(ガルバリウム鋼板、シルバー色)が日差しを反射して
かなり日射、温度ともに多めだったんだろうと思います、
 
で、花房の出現とともにランナーも出現(涙) 
P1050126.jpg
  
  
そんなプランターでの栽培でしたが、
P1050124.jpg
冬の間、じっくりこの時を待っていたからなのか、
花の一つ一つが大きく立派でした。
 
そして、
P1050125.jpg
葉柄もいちご狩りにおじゃました農家さんのものと遜色ないくらい、
立派になりました。
 
 
P1050286.jpg 
そんな訳で、今年のプランターいちごは結構立派な実ができていますので、
 
P1050405.jpg
何個かがムクドリの餌食に。。。
あわててネットでぐるぐると覆いましたので見た目はかなり良くないです。
 
P1050406.jpg
虫が訪れて受粉 ということができない為か、
果実の先端が不完全なものが多いですが、仕方ありません。
 
P1050416.jpg
元肥のみで追肥はしていないので、
果実は大きくないですが、害虫の被害もありませんでした。
そして、今年改めて「プランターの分のほうがおいしい」 と実感しています。
 
もちろんそれはワタシの水耕栽培の管理が、全然モノになっていない
ということでもあるのですが、
ワタシのように素人の栽培では、土に頼る栽培のほうが大きくておいしいいちごが
採れる確率が高い と再確認しました。
 
 
おまけ
P1050404.jpg
むむっ?雑草か?
 
P1050379.jpg
よく見ると・・・
 
P1050378.jpg
あら、いちご。 それも立派な実がついてる♪
 
 
という訳で、家を10年ほど前に建てた際に植えたいちご(とよのか) の子孫が、
水害やら干ばつ、そして草刈りによる引き抜き(!)ですべて枯死もしくは撤去済みと
思われていましたが、
玄関アプローチに1株、誇らしげに果実を実らせ、生存アピールをしていました。 
なんともたくましい子です。   
 
 
ichigo01.gif banana01.gif
クリックありがとうございます♪

nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

鉢植え果樹2013 その1 [果樹・庭]

しばらく滞っていたブログ更新ですが、
GWも終わり、もうちょっと暖かくなって~と思う今日このごろ。
(ニイガタはメチャ寒なGWだったのです・・・)
P1050203.jpg 
花壇のイベリスが満開です。ほったらかしなのに できる子 です。
 
実はこの花壇に植えてあった、あんず(山形3号)の木でしたが、
P1050060.jpg 
!!!
そうなんです、鉢植えに。
 
昨シーズンは花も沢山つき、いくつか結実していたので、
やっと収穫できるかも! とワクワクしていたのですが、
実が肥大しかけた頃から葉がどんどん紅葉していき、やがて落葉・・・
果実部もどんどんしぼんでいき、梅干しのような状態になってしまったのです。
 
原因はわかりませんが、どうやら胴枯れをおこしてしまったようでした。
 
その後、木の大半が枯れ、ダメかなぁとあきらめていましたが、
根元部分からひこばえが花火のように生えてきたので、
P1050061.jpg 
早春に枯れてしまった部分はばっさりカットしてナーセリーポットに植え替えました。 
  
P1050114.jpg 
という訳で、今シーズンは花芽をつけてくれませんでした。 
収穫までの道のりはなかなか長いようです。
 
 
その他の果樹はというと、
P1050057.jpg 
今年期待しているいちじく。
昨年は全く手をかけてあげられず、結実もしませんでした。
 
このいちじくの木は挿し木苗をもらってきたので品種は不明ですが、
・皮が薄く、丸ごと食べられる
・皮が白くて小ぶりな果実
・熟してもおしりの部分が裂けにくい 
 
などなどからいくと、ホワイトゼノアではないかと思っています。 
 
P1050119.jpg 
このいちじく、気温の上昇とともに、新葉と
 
P1050122.jpg 
果実部が出現!
今年はいよいよ収穫できるのでしょうか?
 

 
ichigo01.gif banana01.gif
クリックありがとうございます♪

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

いたって順調です、水耕きゅうり [果樹・庭]

今シーズンに入りチャレンジした水耕のうち、
ほうれんそう→発芽は成功→成長がストップ→枯れ→終了
いんげん→発芽は成功→すくすく25cmくらいまで成長→下から枯れ→ほぼ終了
と散々な結果でした。。。。まだまだ研究が必要です。 
 
 
以前、ご紹介した水耕ミニきゅうりのラリーノ。
P1030862.jpg 
この子だけは穏やかな春の陽気の中ですくすくと育っております。
草丈が15cmほどになりましたので、そろそろ支柱の準備が必要です。
 
 
P1030838.jpg 
今年は5月に入っても気温が極端に低い日があったためなのか、
最初の方に出てきた本葉にはブチがあります。
こんなタイミングでべと病?とちょっと心配したりしましたが、
2枚の葉だけの症状で、大丈夫だったようです。
 
 
養液を補充するついでに発泡スチロールタンク内を見てみますと、 
P1030835.jpg 
根も順調に伸びてます。
 
P1030834.jpg
内容器(100円ショップお茶容器)にあけた穴からは
元気のいい根が出始めていました。
内容器の中身はココピート+パーライトなので保水性は抜群。
 
養液タンクにはいちおう養液量計もつけましたが、
ついつい養液補充を忘れてしまううっかり者のワタシにはいいかもしれません。
バイクでいう、予備タンクといったところでしょうか。←違う? 
 
 
P1030837.jpg 
つぼみらしきものも!
早く初収穫といきたいところです。 
 
ichigo01.gif banana01.gif
クリックありがとうございます♪

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

今年はゆっくりなコンテナいちご [果樹・庭]

新潟の秋はとても短く、もたもたしているとあっという間に雪の季節になります。
 
去年もそうでした・・・
 
 で、古いイチゴ苗は処分して、ランナーから取った新苗を植えつけようと
思ってはいたのですが、結局昨シーズンのままに
長い間雪の下に眠っておりました(毎年恒例)
 
そんなワイルド放置栽培?のコンテナいちご(越後姫)でしたが、
5月に入るとぐんぐん勢いを増し、P1030807.jpg
なんと次々と結実しております!(うれし泣)
  
気が向いた時だけ絵筆で花をこちょこちょと受粉作業もどきを行っておりましたが、
他の作物やら作業に手がかかり、おもいっきり忘れ去れれていたにもかかわらず、です。
 
勢いが出てきたので、ぱらっと景気付けに化成肥料を。
P1030808.jpg
ムスメの手より大きな葉になりました。
 
 
P1030806.jpg
今年の春は気温が低めに推移したためか、
追肥とともに増えるアブラムシの発生もうどんこ病の発生も全くみられず、
とてもいちごにはいい気候だったようです。 
 
 
 
ichigo01.gif banana01.gif
クリックありがとうございます♪

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

鉢植えレモン その後 [果樹・庭]

P1030746.jpg
3月下旬に開花が確認された鉢植えレモンのアレンユーレカ。 
やっと春らしい陽気になってきたので、ベランダで管理しています。
 
P1030748.jpg
一番花開花以降、咲いてはポロポロと落果が相次ぎ、
やはり購入間もない(昨年秋に購入)若苗では結実は難しい? と思っていましたが、
ようやく花ぶるいすることなく、ひとつの花が結実したようです。
 
 
どうやら、この苗、
P1030747.jpg 
この花の大きさで結実の確率が変わるようです。
 
P1030750.jpg
つぼみの段階でしっかりと長くなった花は、めしべも長く、
受粉して結実に至るようです。 
 
P1030749.jpg
こんな感じだと、花は咲いても結実までは難しいみたいです。
 
何はともあれ、結実した数個の赤ちゃんの収穫は秋ごろ。
経過をのんびり見守っていこうと思います。
 

ichigo01.gif banana01.gif
クリックありがとうございます♪

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

やっとやっとレモン開花 [果樹・庭]

1月下旬につぼみを確認した鉢植えレモン「アレンユーレカ」
つぼみはゆーっくり大きくなっているようでしたが、ゆっくりすぎます。
今にも開花しそう という状態のまま、約2週間経ちました。 
P1030624.jpg
こんな状態で2週間。その間、3月なのに結構雪が降ったり寒い日が多かったので
時間が余計にかかってしまったんだと思われます。
 
 
ですが、やっと
P1030646.jpg
昨日咲きました! 本当にうれしい!
この日をどれだけ待ったことか。。。
 
最初の実生パパレモンの開花はかないませんでしたが、購入苗の
嫁入りアレンユーレカはさすがです。やっぱり果樹は接木苗ですね(笑)
P1030652.jpg
よくこんなところで無事開花してくれたなぁ。。。
 
 
そんな元気な嫁入りレモンは
P1030650.jpg
さらに、
 
P1030647.jpg
どんどん、
 
P1030648.jpg
つぼみがあがってきています。
 
接木苗ということが大きいと思いますが、パパレモン(たぶんリスボン)より
たくさん実ができるタイプなのかもしれません。 
 
 
 

ichigo01.gif banana01.gif
クリックありがとうございます♪

nice!(2)  コメント(2) 

案外順調だったのです、鉢植え果樹 [果樹・庭]

わが家はふつうの住宅地のふつうの家なので、
庭もネコの額ほど。
果樹をたくさん植えたいものの、せまいし、積雪地だし、で
思いつきで購入して植える訳にはいきません。
 
唯一、あんずを地植えしてありますが、ブルーベリー、ぶどう、いちじくは
鉢植え栽培しています。
 
SN3S0396.jpg
現在の鉢植えデラウエア。
今シーズンは水やりのみでほとんど手をかけてあげていません。
 
その割に、
P1020536.jpg
かごいっぱいに収穫できました。感謝です。
案の定、種なし処理のタイミングが悪かったようで、ほとんどの粒に種が入っていました。。。
食べにくくて仕方がないですが、仕方がないです。
味はおいしかったので、合格ということにします。
 
 
SN3S0408.jpg
そして、鉢植えいちじく。
 
春に一個だけ結実しているのを確認。おばあちゃんちからもらってきたやつです。
今年の猛暑に加え、暑いさなかに鉢増ししたため、唯一の実は
落果してしまうかな~?と心配していましたが、
 
SN3S0411.jpg
つい先日、何とか収穫にこぎつけました。
スーパーなどで見かける品種のように、おしりのところが割れてカビっぽくならないのは
この品種のいいところなのですが、収穫どきがよくわかりません。そろそろいいかなと収穫。
  
SN3S0413.jpg
割ってみました。これなら大丈夫でしょう。
 
そして試食、うまいです! 皮が赤いいちじくとはちょっとちがう甘みで、
皮が薄く、洗ってそのまま食べる事ができます。やっぱりワタシはこの白いちじくの
甘さのほうが好み。 ちなみに、パパ殿はあんまり好みじゃないような事を言いながら
食べていたので、かなり好みが分かれるところかと思われます。
 
鉢増ししたので、来シーズン以降、収穫数が伸びていくといいなぁと期待してます。
 
 
こちら、果樹ではないですが、
SN3S0380.jpg
職場の玄関で勝手に育てていたコンテナ栽培の枝豆(ピーク時の7月の写真)
 
畑の枝豆のようにたくさんは収穫できませんが、それでも
SN3S0379.jpg
職場で試食していただくことが出来るくらいは収穫できました。
 
収穫は丸ごと株を抜かずに、他の豆類の収穫のようにひとさやずつ、ハサミで収穫し、
後半は枝豆で収穫せず、そのまま大豆状になるまで放置してから収穫したので、
来シーズン蒔いてみようと思います。
 
現在、長くならない聖護院だいこんをこのコンテナに蒔いて栽培中なので、
その報告も後日行います。 
 

ichigo01.gif banana01.gif
クリックありがとうございます♪

nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

鉢植え果樹、期待の新人 [果樹・庭]

以前から狙っていたんです。。。

おばあちゃんちの
P1020451.jpg
鉢植えいちじく。

品種は不明なのですが、果実が一般的に市販されているもののように皮が
赤褐色ではなくて白というかグリーンっぽく、完熟してもおしりのところが
ほとんど裂けてきません。

普段手に入るいちじくよりはひと回り小さいんですが、甘みの系統が
いままでのいちじくのイメージとはちょっと違って酸味はほとんど感じず、
濃厚な甘みと皮ごとまるまる食べられる手軽さに とりこ になってしまいました。

どうやら県内に住む親戚が挿し木したものをもらってきたそうで、
ニイガタの寒い気候でも大丈夫だったということは
ホワイトゼノア という品種のような気がします。よくわかりませんが。

このおばあちゃんちの鉢植えいちじく、去年は秋果が5個ほど採れたのですが
今シーズンは
P1020453.jpg
15個くらいついているんですよね~♪ 楽しみ~♪(おばあちゃんの家のなのに。。。)



と、ここまではおばあちゃんちの白いちじくの話だったんですが、
実はおばあちゃん達が親戚の家からもらってきた白いちじくの幼木は
上の写真の大きい木の他にもう1本、
P1020455.jpg
小さな木がありまして、
去年採れた実をもらって食べたときに、あまりにもおいしかったので、
この小さいほうをもらう約束をしていたんです。
大分遅くなったけどやっとわが家の鉢植え果樹メンバーの一員に加わりました。


P1020448.jpg
今シーズン、この小さな鉢植えは1コだけ秋果がついています。
ちょっと鉢が小さいので鉢増ししたいのですが、この実が落ちてしまわないかと
ちょっとためらっているところです。。。




ichigo01.gif banana01.gif
クリックありがとうございます♪

nice!(5)  コメント(2) 
前の10件 | - 果樹・庭 ブログトップ

新ブログ「Pandaさんちのいろいろ(http://pandasanchi.blogspot.jp/)」へ引っ越しました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。