So-net無料ブログ作成
検索選択

飼っているにわとりがいろいろ大変なことになってます [なんでも日記]

GWにわが家にひよこ(名古屋コーチン)がやってきてから
2ヶ月。
最初はとても小さくてかわいらしい雛でしたが、
P1050232.jpg
今では
P1050560.jpg
若鶏の装い。
名古屋コーチン(名古屋種)なので、卵、肉兼用種ではありますが、
愛玩鶏として飼う方針に決まりましたので、
もし卵を産まなくなってもこの子たちを食べる予定はありません。
エサに関しては、最初に配合飼料を買ってありますが、
幸いにも おから がタダで沢山手に入る環境で、このおからに ぬか や 野菜くず、
茶がら、だしをとった後のいりこなどを発酵させたものを併せてあげています。
その他に畑で夏野菜が採れはじめたので
それを細かくして与えたりもしています。
最近は皆さんズッキーニがお気に入りの様子。
順調だわ~とすっかり油断していたところに大きな落とし穴が!
(ケース1:ひよみの場合)
朝、次女のひよみが鶏小屋の中でぐったりした状態で発見されました。
力なくピヨピヨ鳴くし呼吸もあるのですが、
手(羽)にも足にも全く力が入らず、目すら開けることができないくらい
弱りきっています。
前日はあんなに元気そうだったのになんでだ???
20130627_075758.jpg
時期や日齢からコクシジウムを疑いましたが、血便などはなく、
それでもあまりのグッタリ具合にもうダメかも と少しあきらめかけましたが、
とりあえず隔離し、ひよこ電球で暖めてあげること丸一日、
なんとか自分の足で立ち上がることができるくらいに復活。
その後2日ほどは食べ物や水をもどしてしまったりでしたが、少しずつ食欲も戻り
5日後には鶏小屋に戻す事ができ、今は元気に過ごしています。
結局原因は不明ですが、急激に暑くなったので大量に水を飲みすぎてしまったのか
軽く熱中症にかかったのか、コントロールがうまくできなくなってしまったようでした。
(ケース2:ひよのまるの場合)
うちの鶏小屋はこんな感じで庭先にあります。
P1050222.jpg
この写真は組み立て直後ですが、現在は梅雨時期ということもあり、
鶏小屋の周りの草丈がかなり高くなってきていました。
事故当日の朝の末っ子ひよのまる。
この子は食にとても貪欲(いわゆる食いしん坊)なので
エサをあげると一番にすっ飛んできます。
そんな訳で他の2羽と比べると体が大きな子だったので
ぜーんぜん心配なんぞしておりませんでした。
P1050558.jpg
いつもは帰宅が薄暗くなってからなので、
鶏小屋を覗くことはないのですが、この日は畑から花芽が伸びてしまった
ブロッコリーを持ってきていたので、刻んでエサ箱にセットし、
「おーい、元気ぃ?」なんて、ネグラの方を覗いたんです。
鶏は習性で夜は壁に囲まれた小屋に戻るので、この日も3羽かたまって
小屋に戻っていました、 が、
パッと目に入ったひよのまる、アレ?羽の向きがおかしい???
っていうか、羽の途中の骨がむき出しになってる~!
アンタ、何があったのさ~~~!!!
もうパニックです。というか、何が起こったのかさっぱり理解できません。
ひよのまるの左の羽に手羽先を食べたあとみたいな骨がくっついていました。
そして胸の毛が血で汚れています。
そして小屋の外に ひよのまるのちぎれた羽らしい物体が。
SN3S0571.jpg
幸い、動物病院が時間外対応してくださったので、
ちょうど帰宅したパパ殿も一緒になぜか全員で病院に緊急搬送したものの、
先生も「かなりきびしいねぇ」とのこと。
名称未設定 1.jpg
動物病院で処置の為、羽を開いてみると、
こんな感じになっており、さらに、残っている部分も複雑骨折しているので
回復が難しいかもということでした。
それでも、時間をかけ、できるだけの処置をしていただき、帰宅。
SN3S0573.jpg
ちょっとお疲れの様子のひよのまる。
この日たまたま、調理予定で購入した
SN3S0574.jpg
鶏肉は家族全員が骨が露出したひよのまるを見てしまったせいか、
なんとなくパス。冷凍庫へ。
そんなひよのまるですが、こんな感じでリハビリ中。
P1050569.jpg
 
P1050565.jpg 
それでも食欲は全然おちず、元気もりもり。(←古い)
どうやら今回の事故の原因は雨上がりの後に
小屋の周りの背が伸びた雑草に昆虫かアマガエルがついていたのか、
食いしん坊ひよのまるがフェンス越しに捕獲しようと夢中になっている間に
目が大きめのフェンスにするっと羽が通ってしまったようで、
無理に暴れて引き抜こうとしたため皮と肉がおちてしまい、
先端が引きちぎれてしまったようでした。

犬・ねこでは考えられないことが鶏ではおこってしまいます。
そのおバカ具合がまたかわいいのですが、ホントに心配させないでほしいです(汗)
 
ichigo01.gif banana01.gif
クリックありがとうございます♪

nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

nice! 6

コメント 6

コメントの受付は締め切りました
duckbill

一枚目のヒヨコの写真を見て、次に2枚目の写真。
予想通り若鶏になっていて、名古屋コーチン・・・んん、美味しそう!
> もし卵を産まなくなってもこの子たちを食べる予定はありません。
だよね~! (^^;ゞ アセアセ!

先を読み進めたら、えぇ~!!
子供の頃は、お祭りの際に10円ヒヨコを買ってきて、毎年飼ってました。
トラブルの記憶がないのだけれど、何も考えずに飼っていたから、ひょっとしてひよみみたいに調子を崩しているのを、当時は全く気がつかなかっただけなのかも。(^^;ゞ
ひよのまるは大変でした。
人間と違って、痛くないのかなぁ・・・
酷い怪我だけど、本人がめげてないのが何より。
鶏だから、飛べなくても致命的じゃないし、早く回復しますように。(^^)
by duckbill (2013-07-05 19:20) 

Naomi

うわぁ!大変でしたねぇ!!
何となく、ニワトリは大人しそうだから飼いやすいのかな?と思ってましたが、
ニワトリにはニワトリの苦労があるんですねー(。-_-。)

ひよみちゃんも、早く元気が戻ってくると良いですね。ひよのまるの背中を見て育てば、心配いらないかナ。
今日は新潟も暑いようですし、みんな逞しく元気に育てよ〜 p(`ε´q)
by Naomi (2013-07-06 10:11) 

panda

duckbill さま
普段、鶏肉を買って食べる訳で、ワタシ個人的には
大事に飼っている鶏を落として食べる という過程もありかな と
思っていましたが、ムスメを中心に大反対されたので
今は天寿をまっとうさせてあげたいと思っています。

このケガ人(ケガ鶏)ひよのまるですが、
今週、もう一度病院に行って、羽根の回復の見込みがなさそう
だったら、切断することになっています。 が、
テーピングでぐるぐる巻きになり片羽根状態の現在でも
40cmくらいなら段差を軽く飛びこえ、バタバタとやっている様子を
みていると、懲りていない様子。。。
細菌の感染などが心配でしたが、鶏は体温が高い為、
細菌類には案外強く、痛々しいけど命に別状はないようで
一安心なのでした(汗)
by panda (2013-07-08 08:25) 

panda

Naomi さま
ありがとうございます。
鶏って種類にもよると思うのですが、
うちの名古屋種はおとなしくて(というかビビリ)、
一番心配していた泣き声やニオイの問題も拍子抜けするくらい
全然今のところはないんです。
そんな訳で、犬より飼いやすいじゃん!と油断していたところに
このトラブル。。。
とはいえ、結構楽しんで飼っています。
(病院はちょっとカンベンしてほしいですが(´o`;))
by panda (2013-07-08 08:43) 

kappa

子供の頃ひよこを飼ったことがありましたが、すぐ死んでしまいました。
3羽ともすくすく育つとは驚きです。
ひよのまるの回復、良かったですね。
本当に、鳥を飼ったことがある人にしか分からない出来事が起こるのですねぇ
このまま順調に育ちますように。
by kappa (2013-07-09 12:28) 

panda

Kappa さま
せっかくコメントをいただいていたのに大変申し訳ありません。
おかげさまで3羽は今日現在、みんな無事に成長しております。
あんまり日本ではなじみの少ない家庭養鶏ですが、
いろいろ心配していた事(泣き声とか臭いとか)が
全くの取り越し苦労で済み、畑の害虫やダメ野菜を喜んで
消費してくれて、うまくいけばたくさん卵を産んでくれるので
たのもしい相棒たち って感じになってきました。
コメント、niceありがとうございました。
by panda (2013-09-05 13:42) 

新ブログ「Pandaさんちのいろいろ(http://pandasanchi.blogspot.jp/)」へ引っ越しました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。