So-net無料ブログ作成
検索選択

水耕栽培、冬のニイガタでどこまでできる? [なんでも日記]

今年のニイガタ平野部は雪が少なめで
ちょっとラク。
このまま春が来るのかな?と思っていますが、
P1040719.jpg
それでも一晩で20cmくらいはラクラク積もります。
 
おとといの晩は吹雪だったので、翌朝は2階の窓ガラスにも雪が付いていました。
外もツルツルに凍結しています。 
2階の窓際の朝の温度はおおよそ12℃くらい。 
P1040716.jpg
そんなわが家の南向きの窓際では
お正月にきりたんぽ鍋に入れたセリの根っこを再利用した
お気らく再生栽培がすくすく育っています。
 
当初はいちごの照明棚に入れて管理していましたが、邪魔になったので
窓際に移動しました(笑) 
P1040722.jpg
移動後も新芽がどんどんでてきているので、こんな環境でも十分大丈夫な様子。
当初の容器では窮屈そうだったので、大きめのプラコップに移し変えました。 
水耕さんの中でも頼もしい存在です。
 
P1040717.jpg
ミツバに関しては、セリと同様に再生栽培に何度もチャレンジするのですが、
毎回根ぐされさせてしまい、失敗続きなので思い切って種まきしました。
 
発芽まで時間がかかるミツバは
タネを湿らせたティッシュに包んで小瓶に入れ、
発芽を確認したらハイドロボールを入れた瓶に移し変えています。
こちらも加温なしの窓際で無事育っているようです。
 
 
一方、イチゴ照明棚。
イチゴだけに照明を使うのはもったいないので、あれこれ入れてしまうのですが、
現在は、
P1040723.jpg
ルッコラ育苗中。
 
P1040724.jpg
徒長気味なのは仕方ないですが、それでも本葉も出てきました。
ルッコラばかりではなく、レタスをミックスして蒔けばよかった・・・
与える養液はイチゴの排水です(EC0.6前後) 
 
P1040725.jpg
わが家の別エリア、1階窓際では、ルッコラと同じスタイル
ほうれんそう を育苗中。
コチラも毎年失敗していますので全く油断できません。
 
  
比較的に寒さに強い品種限定ですが、
ニイガタの室内でもちょっとなら水耕栽培できそうなのでした。
 
 
ichigo01.gif banana01.gif
クリックありがとうございます♪

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

新ブログ「Pandaさんちのいろいろ(http://pandasanchi.blogspot.jp/)」へ引っ越しました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。